tic toc


作詞・作曲 / SHIMA.



tic toc と動く

止まることない時計の針は ...

きっといつか

全てのことに終わりが訪れても ....


とめどなく流れる 時間にただ身をゆだねる

パンク寸前の感情は行き場をなくした

履歴を全て消し去っても また勝手に同期して

私の記憶から焼き付いて 消えてくれないの


止まってたのは私だけみたいで

焦らすように響く小さな音でまた眠れない


tic toc と動く止まることない時計の針は

戻ること出来ない現在地を

嫌でも過去に変えてしまう

きっといつか全てのことに終わりが訪れても

長い針はそんなことも関係なく

また新しい1秒を刻んでく


カーステレオからこぼれてきた '' time will tell '' って言葉を信じて

ただ過去を忘れるためだけに

過ごした日々もあったけど

忘れたような気がしてただけ

潮風が香る度に あの頃の私が舞い戻る

止まってたようで 止められない

変わらないものもない 戻ることなんて 毛頭、どうしようも出来ない

tic toc と動く止まることない時計の針は

戻ること出来ない現在地を

嫌でも過去に変えてしまう きっといつか全てのことに終わりが訪れても

長い針はそんなことも関係なく 

また新しい1秒を刻んでく 目が覚めて気づいて 空っぽの部屋 また響き渡る

あるはずない陰を写して 残る痛みでまた意識戻る

あと何度繰り返せば 季節は巡って来るのだろう

止まってたのは私だけみたいで

焦らすように響く小さな音でまた眠れない

tic toc と動く止まることない時計の針は

戻ること出来ない現在地を 嫌でも過去に変えてしまう tic toc と鳴り響くこの小さな孤独は

長い針があと何十回 12を過ぎれば 消え去ってくれるのか tic toc と動く止まることない時計の針は

変わらぬスピードで何事も なかったかのように過ぎてゆく

きっといつか全てのことに終わりが訪れても

長い針はそんなことも関係なく

また新しい1秒を刻んでく

© 2020 by SHIMA official. Proudly created with Wix.com